HOME > エミイの宝箱 > アーカイブ > 2017年1月

エミイの宝箱 2017年1月

【ハワイの最東端パワー溢れる! クムカヒ】

【ハワイの最東端パワー溢れる! クムカヒ】
 
KUMUKAHI の KUMU とは “基礎、起源、木の根、ルーツ” を表し、KAHIとは “ 1、一つ” の他に “特別な場所”という意味もある。ハワイ島自体がハワイ諸島の最も東に位置しているので、クムカヒ岬は言わずもがな、ハワイで最初に日出ずる力強い聖なる場所だ。現在もKAHUNA (カフナ)やKUMUHULA(クムフラ)に限らず、何か新しい事を始める際の祈願にここを訪れるハワイアンも多い。

昇る太陽を拝むには、まだ星が輝く時間帯にHILO(ヒロ)の街を出発しなくてはならない。  KEA`AU(ケアアウ)へ南下しPAHOA(パホア)を過ぎて約40㎞、途中鬱蒼とした真っ暗な林道を車で走り抜ける。MAUNALOA(マウナロア)山系にあたる雲は、昼夜を問わず突然の大雨をPUNA(プナ)の大地に降らすので、一帯は深い緑の森におおわれている。 `ŌHI`A(オヒア) ・マングローブ・ヤシなどの樹木にまみれて、巨大化したモンステラやショウガ科の植物が乱立している。  車の窓を開けて、Uh~~Mm!私はむせかえるような草深い香りを嗅ぐ。夜明け前の熱帯雨林は不思議なエナジーをくれるのだ。

 1483566203531.jpg1483566076584.jpg1483566019792.jpg

【ハワイの最東端パワー溢れる! クムカヒ】 の続きを読む

【キラウエアの森でシダ三昧】

【キラウエアの森でシダ三昧】
 
`A`ALA  KUPUKUPU ~!  シダのなんて良い香り! ハワイ人はシダを総称して “クプクプ” と呼びますが真っ直ぐに伸びる単葉シダの名前でもあります。黒々と固まった何もない溶岩大地に、真っ先に芽吹くのがこのクプクプ。薄い黄緑色をしてシュッと可憐に溶岩の裂け目から顔を出した姿には、思わずしゃがみこんでホホズリをしてしまう。彼女は  “不毛な土地への勇気ある入植者”  なんです。

降水量の多い古い島 KAUA`I (カウアイ)では、 まるで  “シダ王国”  の如くあちこちに生い茂っていますが、噴火活動真っ最中のハワイ島でしかもキラウエア火山に隣り合わせ! 生まれたばかりに等しいフレッシュなシダの森に、ひんやりと入る清涼感はたまらない! ! LAKA(ラカ) に感謝のOLI(オリ)を捧げながら足を踏み入れます。苔むした`ŌHI`A (オヒア)の木陰に、様々なシダが見事に共存しています。濡れた空気の中で、葉っぱをVの形に開かせる`AMA`U (アマウ) 。若い時は AMA`UMA`U (アマウマウ) と呼ばれる赤茶色のこのシダは、成長するに従いだんだん緑色に変化します。

[ちなみにペレが棲む “ハレマウマウ火口” はアマウマウのHALE (ハレ→家) という意味なので、チャントの声門発音をクムからかなり正された思い出がある] シダの子供達は霧雨の雫石を小さな身体でめいっぱい吸収しながら、風もないのにあちこち揺れている....。いくつもの妖精が飛びかっているのだものね。私の秘密基地 PU`UHULUHULU (プウフルフル)は、まさに心が潤い魂が蘇生する森なのです。KINOLAU(キノラウ)のオリを全て覚えたら、あなたをお連れしましょう。
                                                                                                                                                                             
DSC_3975 (2).jpgIMG_20170105_231807.jpgIMG_20170105_231119.jpg

【キラウエアの森でシダ三昧】の続きを読む

1

« 2016年2月 | メインページ | アーカイブ | 2018年10月 »

このページのトップへ